「つぶつぶみかんママレードが人気でした♪」 ーー青山ファーマーズマーケット初出店レポートその②〜!ー

73515603_2359075387534745_5944945636355866624_n 75464229_2359075394201411_7122365350951256064_n 74913051_2359075447534739_2376281778538151936_n

①の続き

しあわせみかんの皮をつぶつぶミンチにして、
きび砂糖でコトコト炊いた「つぶつぶみかんママレード」。

沢山の方に試食をしていただいたのですが、

「んー、みかん!丸ごとって感じ!」

「苦くない!ママレードのイメージと違う!」

「ジュースが美味しいからママレードにしても美味しいだろうなと思ってたけど、
予想を超えてかなり美味しい!」

と、沢山の方に好評でした〜♪

会場には外国人の方も多く、
ガーナから日本に来られた方が
この「つぶつぶみかんママレード」をお気に入り!

英語が堪能な仲間がお手伝いしてくれていたので
助かりました(^^)

「高知に観光に行ったら必ずみかん山に寄りたい!」
と、熱心にしあわせみかん山の場所を訪ねられていました。

みかん山のパンフレットも、
「英語も書いて欲しい!」
と、言われていて、

その対応まで考えがいたらなかったなーと、
気づかされました。

色々な人に気に入っていただけて、
ご意見もいただいて
嬉しいですね〜。

まだまだ色々な出会いがありましたー!
③へ続く♪

■「はちきんカンキッツーとは?」
みかん山自然栽培研究会の女性メンバーで立ち上げた出店グループ「はちきんカンキッツー」で
青山ファーマーズマーケットへ初出店してきました(^^)
はちきんとは高知の方言で男勝りの女性のこと。
カンキッツーは、柑橘をテンポよく表現しています♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■NPO法人しあわせみかん山

2012年、高知県香南市にある後継者が居なくなって衰退するみかん山を引き継ぎ、
自然栽培で山を再生させることを目指して、みんなで取り組んでいます。

『多様ないのちと共生するみかん山には色々な果樹が育ち、
持続可能な「農・食・環境」の学び場として発展している』

と、いう10年ビジョンを2017年に描き、
そこに向かって植樹計画や土壌改良を試行錯誤してきました。

2019年は、10年ビジョンに向かって進む、記念すべき1年目。
どんな展開になるのかワクワクしています♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■サポーターとして参加くださいませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みかん山の活動は、全国のサポーターさんによって支えられています。
活動をしっかり進めていくためには、まだまだ沢山の人の力が必要です。
ぜひ、サポーターになって1000年つながるみかん山づくりに参画してください!
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

https://mikanyama.org/supporter/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■10年ビジョン基金へのご協力をお願いしています。
活動を寄付で応援しませんか?

10年ビジョン基金はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■経営理念

●夢
世界中のみんなで、
1000年つながる「農業と食」を育てる。

●目標
自然栽培×手つなぎ流通の実践とその普及

●おもい
「持続可能な農業」と「いのちを育む食」を通じて、
人と自然が思い合う「しあわせ(思合わせ)」な社会を、
生産者と消費者と地域が一緒に育てる。