「第9回土の再成ワークショップご報告」

15977689_721046818048105_2208390950853938519_n 15941014_721047044714749_1515037917101814352_n 15977140_721047051381415_7587317764467317582_n 15965969_721047138048073_7289702760930730469_n 16002817_721047074714746_4433975696664750681_n 15977597_721047078048079_6429299143574325952_n

1月11日(水)
今年最初のワークショップを開催しました!

ワークショップも9回目。
「土の中に空気と水が通る構造をつくる。」

と、いうメインテーマに沿って、
毎月1回、
実践型のワークショップを重ねてきて、

いよいよ、
3月の植樹祭に向け、準備が始まりました!

支援してくださった方々のおかげで、
クラウドファンディングも成功し、
植樹に必要な資金も集まっています。

今回も、徳島、愛媛、淡路島、兵庫、宮城と、
県内外から多数参加をいただき、
みかん山のとりくみへの関心の高さを
実感しました。

参加者の方からは、
感動や気づきなど、
多様な感想をいただいています♪

「環境であれ人であれ「関係性が表現」されたものであるということ。
対応よりも、まず状況をしっかり把握すること。

流れをよくして根っこの環境を整えたらちゃんと育つこと。

焦らず置かれている状況を、対象が望んでいることを、把握することをしなさいといわれているようでした。」
高知県サポーター女性より

たくさんのご参加、ありがとうございました!
また、ブログで詳細をお伝えいたします♪

■次回は2月11日(土曜日)
内容は、「苗の家(ユニット)づくり」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「第9回土の再成ワークショップ」

■内容
3月の植樹区域の「きわだし」
(圃場考察と溝つけ)

■タイムスケジュール

10時 座学「基本の考え方と現状把握」

11時 現地ワーク
●ヤブ化した状態の見方
●水の流れの見方

12時 ランチ移動
中華ランチ&みかん飴デザート付き♪

13時 現地「きわだし」実践ワーク
●きわの見極め方
●きわ出しの意味
●点孔を開ける場所の観察方 
●きわだしの再きわだし
●きわの仮保護法(埋め戻し)

15時30 みかんジュース&感想タイム

16時 終了!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■しあわせみかん山サポーター、大募集中!
https://mikanyama.org/supporter/

■しあわせみかん山は、
1000年つながる農業と食の確立を目指して、
高知県の香南市にある1000本のみかん山で、
自然栽培に挑戦しています!

応援してくださるサポーターさんに、自然栽培の「学び」と「実り」の「しあわせみかん」を、直接お届けしています。