第14回 土の再成ワークショップ !

18950972_1230847810357514_352924835974687367_n18952835_1230847897024172_8691435668218730989_n18893331_1230847963690832_8303546963449912026_n18951466_1230847960357499_7777529593918229259_n

6月5日、6日
2日間に渡って開催されたワークショップが終わりました!

今月から、
初日を座学と実践ワーク。

2日目は研究生の方々がグループに分かれて、
習ったことを各自が、
「見立て→実践→検証発表」するというやり方を導入しました!

ワークの学びを実践する場合、
「見立て」が一番重要になります。

地形やみかんの木の状態を見ていくことで、
どこまで情報を読み取れるか?
が、カギになります。

グループでお互いの「見立て」を話し合いながら、どんな「際付け」をしたら良いかを決めるこの「過程」に学びが詰まっていると好評でした♪

また、みかん山自然栽培研究生も、
各自が1年間の研究テーマとフィールドを決めました!

ココからどんな気づきがうまれるでしょうか〜?
ワクワクしますね(^ ^)

来月7月のワークショップは、
みかん山から東へ40分。

安芸市にある「伊尾木洞」で、
地形を読むワークショップを開催します!
お楽しみに〜〜(^^)

■7月のワークショップ

7月10日 (月) フィールドワーク「伊尾木洞」
7月11日 (火) 研究生限定実践ワーク
テーマ 「夏の日除け対策」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■NPO法人しあわせみかん山

しあわせみかん山は、
「食べもの」の本質=「いのち」を育てる。と、いう視点に立って、
高知県香南市にある1000本のみかん山で、
自然栽培で、みかんの木を育てています。

この取り組みを応援してくださる、
全国400人のサポーターさんに支えられ、
生産活動を、維持運営しております。

私たちと一緒に、
みかん山の取り組みを育ててくださる仲間を、心より求めています。

■みかん山サポーター、大募集!
29年度はじまりました!
https://mikanyama.org/supporter/
目標 1000人♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■しあわせみかん山の経営理念

●夢
世界中のみんなで、
1000年つながる「農業と食」を育てる。

●想い
「食べもの」の本質=「いのち」を育てる。
と、いう視点に立ち、
みんなで学び、みんなで育てる、
しあわせ(思合わせ)な世界を、手づくりする。

●目標
自然栽培×手つなぎ流通の確立と、その普及。