チームメンバー紹介

DSC_4865

理事

umishimamiku-profile

代表理事 岩間由奈 (旧名 海島 未来)

東京出身、高知在住。自然に近い暮らしに憧れ、田舎の各地を旅をする中で、食の生産現場の現状を知り、深く考える。「本質的で自然と共にあり、未来へ続く食を、地域で育て世界へ発信する。」という、夢を持ち、2009年、高知県へ移住。大きなビジョンを描く事は得意だが、目測が苦手なため、周囲の方々の手厚いサポートを受け、今日まできている。信念と行動力、粘り強さが強みで、マイペースな天然。

■ 木村秋則自然栽培塾3期生

atsutadai

社外理事 熱田 大

東京在住。フォーステップ神南 「Social Office & Cafe-Bar Forstep」代表。チェーン展開が得意分野で、企業のコンサルも担う。2013年、しあわせみかん山に訪れた事がきっかけで、理事へ就任。近年は、農産物の新しい流通、つながりづくりに取り組み、食をテーマに様々なイベントもしかけている。マイペースで冷静沈着、戦略性に長けている。全てにおいて肯定的で、決め台詞は「素晴らしい!」。2016年秋、パートナーと、淡路島で結婚式を計画中!

https://www.facebook.com/4step

栽培チーム

リョウさん

宗円 良一(りょうさん)

高知在住。2013年3月、みかん山にある遺跡の調査に現れ、自然栽培に挑戦しているみかん山栽培チームと出会う。好奇心の塊のような人物で、「無肥料、無農薬?おもしろそうじゃいか!」と、すぐにチームへ加入。歴史好き、調査好きの性格もあり、日々の栽培記録や、みかん山の地図の作成など、優れた能力を発揮し栽培技術の確立へ貢献している。愛妻家で人望が厚く、人づきあいと酒づきあいを、とても大切にする。地域の重要人物でもあり、地域の歴史の独自研究&講演活動も行なっている。

ミヤさん

理事 宮上 猛(ミヤさん)

高知在住。設立当初よりみかん山を育てているメンバーの一人。自然栽培のみかんづくり、森林づくり、地域社会貢献が目下のテーマであり楽しみ。
目的だけ伝えれば、最適な作業段取りをすぐに組み立てられる能力は、チームでも抜き出ている。中国まで植林に行く行動力と、たんたんと作業をこなす体力、謙虚で芯の通った姿勢の人間性で、みなに尊敬されている。言葉数少なく、有言実行を体現したような人物で、栽培チームのリーダー。 今年は、みかん山で蜂蜜を採ることが目標。魅力的な笑顔を持つ、自称「お猿さん」。

ケンさん

安岡 賢之(ケンさん)終身名誉顧問

高知県山北地区農家。果樹栽培歴60年。減農薬栽培30年の大ベテラン。2013年しあわせみかん山で開催された木村秋則さんの剪定教室で、衝撃を受け、自ら栽培チームへ志願。その後栽培指導員に就任した。ハウスみかんの他、文旦、小夏、レモンなど栽培中。きめ細やかな味と、人情厚い人柄に全国的にファンが多い。おそらく高知一のロマンチストで、奥さんのために、銀婚式に合わせて数年かけて庭園をバラで満開にし、若い頃着せられなかったドレスを贈ったのは、有名な話。まじめなマジメなものづくりに、顧客から絶大な信頼を持つ。家族で自然食のガーデンレストランも経営している。

http://wwwi.netwave.or.jp/~e-garden/

2012-07-15 08.46.24

清遠 力生(イサオさん)

高知県芸西村農家。自然栽培米づくり5年目。木村秋則さんの著書を読んだことをきっかけに、自然栽培を開始!毎年着実に作付け面先を伸ばしている。25年度、口コミだけで完売したお米は、「かめばかむほど甘い、噛み応えがある!」など好評。自然栽培のつくり手仲間を、高知県で増やしていくコトを夢見て、日々農業を楽しんでる。
サーフィン好き、斉藤一人さん好き、おすそわけが好き。純朴で真面目な人柄のナイスガイ!最近、娘が産まれ、さらにごきげんに仕事に励んでいる。

■ 木村秋則自然栽培塾2期生

運営委員会メンバー

oishi-san

大石 真司

高知在住。学校法人やまもも学園 常務理事 学園本部長。安心な食に対して関心が高く、教育・食育アドバイザー大塚貢さんの講演を聞いたことをきっかけに、幼稚園の給食改善に取り組み、ごはんと魚、野菜中心の給食をスタート。子どもの心の成長に大きな変化を与えている。25年木村秋則さんの講演会も、幼稚園にて開催。27年度から、玄米和食の給食をスタートするため準備中。食育に誰より熱心で、情熱的な想いを子どもに寄せる。熱いハートと行動力に、周囲は大きな信頼と応援を寄せている。

http://www.geijutsu.jp/index.htm

kiyo-san

西川きよ

高知在住。有限会社アフロディア代表。幼い頃より肌が弱かったのをきっかけに、無添加の本質的な化粧品開発メーカーを創業。2010年より自家農園ではグァバの木の自然栽培をはじめ、「ジュジュグァバティー」として販売し好評。「障がい者と健常者が共に働ける職場作りが今後のテーマ。華やかで社交的、かつ、とってもパワフルで芯が太い!まさに「高知の女性」で、ファンもとても多い。人脈も広くみかん山広報大使の一人でもある。

https://m.facebook.com/angelgarden.2011

大谷さん

大谷 邦夫

高知在住。株式会社日東商事総務部長代理
子どもや孫に安全なものを食べさせたいと、夫婦で無農薬の家庭菜園を手がけて30年目。独学ながら、野菜、根菜類など多種類を輪作しながら計画的に作付けしている。一番の喜びは「収穫&食べてもらう時」だと語り、つくる野菜は、「甘みがある、味が濃い」など、好評。誰もが信頼する誠実な人間性と、人を観る目に優れ、実は駄洒落好きという意外な一面を持ち合わせる。発想力に優れ、定番企画となった「みかんごはんイベント」の発案者でもある。

miyamoto-san

宮本 高憲

高知在住。株式会社 高南メディカル取締役副社長。「人を良くすると書いて食」を、もっとうに、安心安全な給食事業を行なう食のプロ。
さわやかな笑顔から、繰り出される、鋭くて客観的な視点と、歯に衣着せぬストレートな物言いは、チーム内で重要な役割を担っている。まじめで頭の回転がとても速く、責任感も強い。問題が起こるたびに、「一人で悩まない事!」と、とにかく解決の糸口を見つけ出そうとする。冷静な仕事ぶりから一転、ふだんは、とても家族思いで、優しい、4人の子どものお父さんでもある。