「本の出版かテレビドラマ化してほしい」

79425119_1438318556320924_3369066849147813888_n

 

 

 

「本の出版かテレビドラマ化してほしい」

と、
神奈川県のサポーターさんから素敵なメッセージをいただきました。

みかん山では毎年2回、
サポーターさんへ事業の進捗報告のお便りを
お届けしています。

その名も「手つなぎ通信」。
離れていてもみかん山の取組や状況をリアルに感じていただきたいなと始めたもので、

みかんの木の状態や
土の再生プロジェクトのこと
スタッフ話や年度目標や気づきや学びなど、
色々な内容を詰め込んでいます。

この「手つなぎ通信」のファンの方もけっこいらっしゃって、嬉しいかぎりです。
素敵なメッセージをいただきましたのでご紹介いたします(^-^)

■手つなぎ通信は、毎回楽しく拝見させていただいていました。
老木が増えて新たな苗木を植えたり、カメムシ大量発生等を乗り越えたり、水捌けをよくするためにブルドーザーで掘ったり。
サポーターで陰ながら応援しつつ、不定期に届くお知らせを見るのが楽しみでした。
子供の頃に月刊紙を買っていて、続きが気になる感覚に近いものを感じました。
大変な事が続いていると思いますが、壁にぶち当たっても、アイデアを出し合い1つ1つクリアしていく姿は素晴らしいです。
本を出版するかテレビドラマ化してほしいですね。
神奈川サポーター女性

テレビドラマ化!すごいですね(^-^)笑
月刊誌を読むように「手つなぎ通信」を読んでくださるなんて、有難いメッセージに思わずニッコリしました。

来週からお届け予定のサポーターセットには、
2019年の試行錯誤の物語を詰め込んだ「手つなぎ通信」が同封されますので、
お楽しみにしていただけたら幸いです。
今年もホントに色々ありました(^-^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■NPO法人しあわせみかん山

2012年、高知県香南市にある後継者が居なくなって衰退するみかん山を引き継ぎ、
自然栽培で山を再生させることを目指して、みんなで取り組んでいます。

『多様ないのちと共生するみかん山には色々な果樹が育ち、
持続可能な「農・食・環境」の学び場として発展している』

と、いう10年ビジョンを2017年に描き、
そこに向かって植樹計画や土壌改良を試行錯誤してきました。

2019年は、10年ビジョンに向かって進む、記念すべき1年目。3年かけて小さな点を沢山つくりながら仲間づくりを進めていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■サポーターとして参加くださいませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みかん山の活動は、全国のサポーターさんによって支えられています。
活動をしっかり進めていくためには、まだまだ沢山の人の力が必要です。
ぜひ、サポーターになって1000年つながるみかん山づくりに参画してください!
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

https://mikanyama.org/supporter/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■10年ビジョン基金へのご協力をお願いしています。
活動を寄付で応援しませんか?

10年ビジョン基金はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■経営理念

●夢
世界中のみんなで、
1000年つながる「農業と食」を育てる。

●目標
自然栽培×手つなぎ流通の実践とその普及

●おもい
「持続可能な農業」と「いのちを育む食」を通じて、
人と自然が思い合う「しあわせ(思合わせ)」な社会を、
生産者と消費者と地域が一緒に育てる。