「水槽の水漏れ修理は、中々大変!」

65466424_2106646876110932_2729326376577400832_n

みかん山の入り口に、
70000ℓ入るサイズの沢水を溜める水槽があります。

雨が降ると、沢の水が増えるので水槽の水量も満タンになりますが、
雨上がりでも半分しか水が溜まっていないことに気づきました!

そこで、
水漏れチェックをしたら、
水が漏れている箇所を3箇所発見♪

元・水道屋さんの「トシさん」に相談すると、
「すっと修理出来るよー!」と、
止水セメントを塗って水漏れを修理することになりました!

まずは、
「たがね」と呼ばれる鋼鉄製の工具で、
水漏れしている箇所に以前塗られた、止水セメントをはつっていきます。
(こんな工具が車に常備されているところが、トシさんの凄いところです笑)

ところが、、、、

随分以前に塗られた止水セメントの劣化がかなりひどくて、
はつればはつるほど、水がジャブジャブ溢れてくる状態に(^。^)

水槽の中に溜まっている水を全部抜かないと、
修理が出来ないことが判明しました!

中の水を全部抜くには丸々1日かかるため、
修理は明後日に延期。
なかなか大変な修理になりました〜。

でも、
トシさんから教えていただく一つひとつが
勉強になります♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■NPO法人しあわせみかん山

2012年より高知県にある後継者が居なくなって衰退したみかん山を引き継ぎ、
自然栽培で山を再生させることを目指して、
みんなでみかん山づくりに取り組んでいます。

『多様ないのちと共生するみかん山には色々な果樹が育ち、持続可能な「農・食・環境」の学び場として発展している』

と、いう10年ビジョンを2017年に描き、
そこに向かって試行錯誤しながら植樹計画ら土壌改良を進めてきました。

2019年は、10年ビジョンに向かって進む記念すべき1年目。
どんな展開になるのかワクワクしています♪

この活動は、
全国のサポーターさんや10年ビジョン基金によって支えられています。

みなさまの応援、よろしくお願いいたします♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■サポーターとして応援しませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一緒にみかん山づくりに参画してくださるサポーターさんを大募集しています。♪
https://mikanyama.org/supporter/

●サポーターとは、みかん山の夢に共感し参画してくださる継続型支援の会員さんです。

●サポーターさんに様々な形でみかん山の事業に参画していただくことが、10年ビジョン実現の大きな原動力になります♪

●現在、
全国の個人・法人サポーターさん300人に支えられています(^ ^)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■10年ビジョン基金に寄付をして応援しませんか?

●10年ビジョン基金とは、自由な金額をいつでも寄付することができる窓口です♪

●基金に集まった資金は全て、10年ビジョンに向けたみかん山づくりの事業に活用され、ビジョンを実現させていく大事なツールになります♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■経営理念

●夢
世界中のみんなで、
1000年つながる「農業と食」を育てる。

●目標
自然栽培×手つなぎ流通の実践とその普及

●おもい
「持続可能な農業」と「いのちを育む食」を通じて、
人と自然が思い合う「しあわせ(思合わせ)」な社会を、
生産者と消費者と地域が一緒に育てる。