「皮までおいしく、食べられます!その①」

21519_832976400144659_3897088103852503548_n

 

しあわせみかんのマーマレード

サポーターさんからいただいた、
「しあわせみかんの皮レシピ」
を、ご紹介いたします♪
素敵なレシピをありがとうございます*\(^o^)/

「待ち焦がれていたみかんが届いて、
すぐにマーマレードにしてみました!

クリームチーズやパンにピッタリ!

子どもでも食べやすいよう、ゆでこぼしをして、苦味をおさえています。」

高知県サポーターさん
(芸術学園幼稚園勤務、食育推進担当)

--ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▪️しあわせみかんマーマレードのつくり方

⭕️材料
みかんの皮 3個分
みかんの実 3個分
きび糖 みかんの50〜60%
レモン汁 大さじ1

1.皮を千切りにします。
長さをそろえると出来上がりが美しいです

2.切った端からたっぷりの水に浸けておきます。

3.果実は薄皮ごと端から5mm厚に切ります。

4.刻んだ皮は水を換えながら、洗いザルで水をきります。
繊維が壊れるので絞りません。

5.たっぷりのお湯で2〜3分ゆでこぼします。

6.ゆでこぼした皮はよく洗い、たっぷりの水でしばらく晒します。食べてみてまだ苦ければ、再度ゆでこぼします。

7.厚手の鍋に皮とかぶるくらいの水を加え、やわらかくなるまで煮ます。
みかんの皮はもろいのでかき混ぜません。

8.数分したら、刻んだ果実とレモン汁を加え、弱火でゆっくり煮ます。
(レモンに含まれるクエン酸がみかんの薄皮ん溶かす作用があります。)

9.常にヒタヒタの水分で煮ます。皮がやわらかくなったらきび糖の半分を加え更に煮てください。
(一度に砂糖を加えると果皮が固くなります。)

10.砂糖の全量を加えたら、少し火を強めて温度を上げ、全体がとろっとするまで煮込みます。

⭐️混ぜすぎは煮崩れるので、ご注意ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■自然栽培 ✖ 手つなぎ流通
プロジェクト

「地域から、1000年つながる、農業と食を育てる。」

■しあわせみかん山は、
高知県香南市にある1000本のみかん山で、
無肥料・無農薬の自然栽培に挑戦中です!
育ったみかんは、
応援してくださる全国のサポーターさんへ、
直接お届けしています。
たくさんの苦難を乗り越えて、おかげさまで
自然栽培3年目になりました。
良かったら、応援よろしくお願いいたします♪

■みかん山サポーターは、コチラ♪
https://mikanyama.org/supporter/