「草に手伝ってもらう土づくり」 ーーカラスノエンドウが一面に②ーー

83849031_2541042482671367_588295440198270976_n

①の続き

前回のおさらい

2019年3月に親子植樹祭で植えた
みかんの苗木の根元から
生えてくる草が変わってきました!

土の再生のほ場整備をする前までは、
この場には、茅やスイバが一面に群生していました。

一年経った2020年2月、
カラスノエンドウが一面に群生しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真にある苗木周りに一面に群生しているのが、カラスノエンドウというマメ科植物です。

遠目で見ると苗木周りだけ特に群生しているのがよくわかりますが、
特に種を撒いたわけではありません。

この場所では、
2019年初夏から冬まで
苗木周りに大豆を植えていました。

大豆もカラスノエンドウと同じマメ科植物で、
根っこに根粒菌がつき、土の中へ空気中の窒素を固定する働きをしてくれます。

草に手伝ってもらう土づくりを、
草生栽培と呼んだりします。

この後の計画では
冬に大豆を収穫した後、
ヘアリーベッジというマメ科植物の種を蒔いて、
彼らに土づくりを手伝ってもらう予定でした。

ところが、
カラスノエンドウの芽がアチコチから自然に発芽を始めていたので、
種まきをやめて自然にお任せして様子見をしていたのです。

カラスノエンドウは成長が早いので、
約2ヶ月であっという間に群生になりました。

結果的にはマメ科植物であるヘアリーベッジの種を蒔かなくても
マメ科植物のカラスノエンドウが自然に生えてきてくれました!

カラスノエンドウくんは
冬から春にかけて群生してくれるので、

その間、
一緒に土づくりを手伝ってくれることを期待しています(^ ^)

83665611_2541042492671366_6905572349790126080_n (1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■NPO法人しあわせみかん山

2012年、高知県香南市にある後継者が居なくなって衰退するみかん山を引き継ぎ、
自然栽培で山を再生させることを目指して、みんなで取り組んでいます。

『多様ないのちと共生するみかん山には色々な果樹が育ち、
持続可能な「農・食・環境」の学び場として発展している』

と、いう10年ビジョンを2017年に描き、
そこに向かって植樹計画や土壌改良を試行錯誤してきました。

2019年から、10年ビジョンに向かって進む、記念すべき1年目がスタート。
「多様ないのちと共生するみかん山」づくりを具現化していく「仲間づくり」をひろげていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■サポーターとして参加くださいませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みかん山の活動は、全国のサポーターさんによって支えられています。
活動をしっかり進めていくためには、まだまだ沢山の人の力が必要です。
ぜひ、サポーターになって1000年つながるみかん山づくりに参画してください!
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

https://mikanyama.org/supporter/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■10年ビジョン基金へのご協力をお願いしています。
活動を寄付で応援しませんか?

10年ビジョン基金はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■経営理念

●夢
世界中のみんなで、
1000年つながる「農業と食」を育てる。

●目標
自然栽培×手つなぎ流通の実践とその普及

●おもい
「持続可能な農業」と「いのちを育む食」を通じて、
人と自然が思い合う「しあわせ(思合わせ)」な社会を、
生産者と消費者と地域が一緒に育てる。