「2月のみかん山自然栽培研究会は、剪定!」

87426856_2579469682161980_7501420906590240768_n

2月23日
みかん山のある香南市のみかんづくりの大先輩、
柳本果樹園さんの畑で、研究会を開催。
テーマは「剪定」でした。

柳本さんがいうには、

「木も人間も一緒よ。
本に書いてありとおりにはいかん。
1本1本違うから、その状態に合わせた手入れをせにゃいかん。」

と、
木を人間と同じように考えたらよいとのこと。

「自分らは、先輩からみかんの声が聞こえるようにならにゃいかん。とよく言われた。
それだけ畑に入りみかんの木をよくよく観察しなさいという意味の教えよ。
そうしたら、人間と同じように、みかんの声が聞こえるようになると。」

と、先輩からの教えも伝えてくれました。

「剪定の目的は一つ。
えいみかんをつくることよ。
でも、富士山と同じように目的は一つでも登り方はなんぼでもある。
木の状態に合わせて目的までのやり方を工夫するのが剪定。
でも、木の状態を把握するためにはみかんの木の声が聞こえるようになる必要があるよ、と、いうことよ。」

と、深いまとめをしてくださいました。
剪定以外にも色々なお話をしてくださって
一つひとつが印象的な時間でした。

昨年、
みかん山研究会用に「研究木」もつくってくださり「摘果講習」を開催したのですが、

今回はその「研究木」で
剪定講習を行いました。

同じ木で、
今後も観察を続け研究を深めていきます(^ ^)

88040208_2579469865495295_3484487773035954176_n 85179366_2579469705495311_4052523873973829632_n 7

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■NPO法人しあわせみかん山

2012年、高知県香南市にある後継者が居なくなって衰退するみかん山を引き継ぎ、
自然栽培で山を再生させることを目指して、みんなで取り組んでいます。

『多様ないのちと共生するみかん山には色々な果樹が育ち、
持続可能な「農・食・環境」の学び場として発展している』

と、いう10年ビジョンを2017年に描き、
そこに向かって植樹計画や土壌改良を試行錯誤してきました。

2019年から、10年ビジョンに向かって進む、記念すべき1年目がスタート。
「多様ないのちと共生するみかん山」づくりを具現化していく「仲間づくり」をひろげていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■サポーターとして参加くださいませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みかん山の活動は、全国のサポーターさんによって支えられています。
活動をしっかり進めていくためには、まだまだ沢山の人の力が必要です。
ぜひ、サポーターになって1000年つながるみかん山づくりに参画してください!
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

https://mikanyama.org/supporter/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■10年ビジョン基金へのご協力をお願いしています。
活動を寄付で応援しませんか?

10年ビジョン基金はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■経営理念

●夢
世界中のみんなで、
1000年つながる「農業と食」を育てる。

●目標
自然栽培×手つなぎ流通の実践とその普及

●おもい
「持続可能な農業」と「いのちを育む食」を通じて、
人と自然が思い合う「しあわせ(思合わせ)」な社会を、
生産者と消費者と地域が一緒に育てる。