カメムシ対策中④!

22195448_1335452186563742_8866332759534688458_n22279941_1335452209897073_6820746247904637783_n22141227_1335452189897075_3104080891521623223_n

全国的にも
高知県でも、カメムシ注意報がでて、
農産物への被害が心配されています。

みかん山の中で、
カメムシが集まりやすい木が1本あります。

その木のみかんを全部摘み取ってしまい、
誘引剤を吊るしておいたら、
カメムシが入っていました。
(写真A カメムシ10匹)

隣の段の早生みかん数本にも同じ誘引剤を
吊るしていましたが、
カメムシはい入ってませんでした。
(写真B カメムシ0匹)

みかんを摘み取って無くなっても、
その木に集まるのはなぜでしょうか?

何かニオイをつけて、マーキングをしているのでしょうか?

みかん山では、忌避剤の効果があったのか、
カメムシが少なくなっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■NPO法人しあわせみかん山
–自然栽培✖手つなぎ流通–

高知県の中南部、香南市野市町にある、
後継者が居なくなった樹齢50年・1000本のみかん山を引き受けた事をきっかけに、
自然栽培を実践しています。

私たちは、取り組みに共感し、応援してくださる全国400人のサポーターさんによって、活動を維持運営しています。

サポーター大募集中です!
ぜひ応援ヨロシクお願いします。

■みかん山サポーターはこちら!
https://mikanyama.org/supporter/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■しあわせみかん山の経営理念

●夢
世界中のみんなで、
1000年つながる「農業と食」を育てる。

●目標
「自然栽培×手つなぎ流通」の実践とその普及。

●想い
「食べもの」=「いのちを育むもの」
という視点を持ち、

人と自然が共生する
「しあわせ(思合わせ)」な世界を、

「農業と食」を通じて、
みんなで学び、楽しく育てる。