第15回 土の再成ワークショップ!①

19884397_822467231239396_5265788141677902521_n19894699_822467234572729_6025913740487612233_n19989631_822467241239395_1000613005432168065_n19895098_822467244572728_8032826605625046934_n19959329_822467287906057_2940230719031884489_n
ーー伊尾木洞編ーー

7月10日・11日,。
二日間、7月のワークショップを開催しました!

今回は、みかん山から東へ40分。
安芸市にある伊尾木洞で「地形を読む」フィールドワーク。

「伊尾木洞はどうやって出来たのか?」
と、いうナゾナゾからスタートして、

草木の生え方や岩の種類や層などを観察しながら、蓄積された「時間」や「出来事」を、読んでいきます。

自然がつくった「地形」を読むことで、
その「視点」を。自らの畑に展開していく事がねらいのワーク。

スタート時は「❔」だらけだった研究生達も、
時間が経つにつれて、
「なるほど!」「そーいう事か!」の連発。

自然が年月と共に創り上げた地形は、一言でまとめると、「水の力」は、スゴイ!
に。つきます。

みかん山で取り組んでいるプロジェクトの「空気と水の動く構造」という真髄の部分に、カチっとハマったワークショップになりました。

そして、午後からは
自然に出来た地形と対比して、
人口で創り上げた地形のワークで岡豊城に行きました〜^ ^

そこでも、気づきや学びがたくさんありました。詳細はまた次回〜♪
いつも最後まで読んでくださって、ありがとうございます^_^
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■NPO法人しあわせみかん山

しあわせみかん山は、
「食べもの」の本質=「いのち」を育てる。と、いう視点に立って、
高知県香南市にある1000本のみかん山で、
自然栽培で、みかんの木を育てています。

この取り組みを応援してくださる、
全国400人のサポーターさんに支えられ、
生産活動を、維持運営しております。

私たちと一緒に、
みかん山の取り組みを育ててくださる仲間を、心より求めています。

■みかん山サポーター、大募集!
29年度はじまりました!
https://mikanyama.org/supporter/
目標 1000人♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■しあわせみかん山の経営理念

●夢
世界中のみんなで、
1000年つながる「農業と食」を育てる。

●想い
「食べもの」の本質=「いのち」を育てる。
と、いう視点に立ち、
みんなで学び、みんなで育てる、
しあわせ(思合わせ)な世界を、手づくりする。

●目標
自然栽培×手つなぎ流通の確立と、その普及。